エリオット波動3波トレード:1波の詳細観察で2波の終了を推測せよ!

基礎・基本編

こんにちは、”tousan-tousi ブログ” を書いている「toshi」 です。

第28回目の処方箋は

 エリオット波動3波トレード:1波の詳細観察で2波の終了を推測せよ!

についてです。

 

前回のブログで1波目の判断の仕方について書きました。

今回は、2波目終了から、3波目のエントリー方法について書いて行こうと思います。

理由は追って説明しますが、1波目の認識がここでも重要になってきますので、1波目の判断方法について分からない方は、以前のブログについても読んで頂ければ幸いです。

今回のブログを読むことで

2波目の終了から、3波目のエントリーに関して理解が深まると思いますので、最後まで読んでいただければ幸いです。

それでは宜しくお願いします。

3波目の特徴

3波目のエントリー方法の前に、3波目の特徴を確認しておきます。

3波目の特徴

 5波から構成される。

 最も伸びる可能性が高く決して一番短くならない

3波は、推進波の中で最も伸びる可能性が高い波であり、多くの利益が出し易い波とも言えます。

ここだけ取れるだけでも、勝ち組になれると思います。何としてもトレードできるようになりたいですね。

以下からは,3波エントリーまでの考え方を具体的に書いていきます。

3波目のエントリ-までの考え方

3波エントリーする為には、3ステップの確認が必要です。

  • 1波目が定義を満たしているか
  • 2波目の終了を待つ
  • エントリー:3波目の1波の出現をまつ

 

当然ですが、2波目の終わり+3波目の始まりを待ってエントリーを考える必要があります。

当たり前と思われる方が多いと思いますが、最初は順をおってエントリーする事をお勧めします。

 

1波目が条件を満たしているか

1波目が誰もが認識できるものでなければ、当然2~3波はでません。

これは以前のブログのおさらいですが、

1波目は

・斜めラインを超える

・近々重要水平線を越える。

 

否定条件:1波目の安値を更新しない。

1波目が出現していることを確認しましょう。

勝ち組はみんな知っている!1波を正確に認識して、エリオット波動を制す!

「切り上げライン」:上昇トレンドが丸わかり!実践的な使い方を詳しく解説

「切り下げライン」:下降トレンドが丸わかり!市場心理の活用で勝率UP

マーケットの基本:重要水平線を理解し、高安の判断基準を学ぼう

2波目の終了確認方法

一般的な2波目の終了候補について

 1波目の2/321.8~31.8%)付近、②1波目の半値付近(50%、61.8%)、③1波目の最安値

これは正しいと思いますが、実際にエントリーするとなれば範囲が広くてトレードし難いですよね。

どこでエントリーするかを判断するためには、細かくチャートを観察しする作業がが必要になります。

1波中の小さな5波動を観察しよう

2波目の終点を予測手順は

 ①1波の中の細部構造(5波動)を観察

 ②1波内のs-5波の長さs-4波目※の終点を注目する

(1波内の波動をs-1,2,3,4,5と書いています。)

 

※エリオット波動ガイドライン(※:P180)では、2波の修正波は、1波のs2波~s4波付近で止まるとされています。特にs4波で止まることが多いと書かれています。

 

エリオット波動研究は。日本初のエリオット波動の教科書です。非常に分かりやすいので一度読む事をお勧めします。

あなたのトレード判断能力を大幅に鍛える エリオット波動研究 基礎からトレード戦略まで網羅したエリオット波動の教 [ 日本エリオット波動研究所 ]

楽天で購入

 

s-4波付近で止まるのであれば、1波の2波の止まる場所にばらつきがあるのは何故でしょうか?

回答から言えば、5波目の長さによると考えらえます。

つまり

 5波目の延長がある(=4波目が遠い)→深い押し目

 5波目のが短い(=4波目が近い)→浅い押し目

と考えられます。

順を追って説明していきます。

 

1波の細部構造、1波内のsmall 5波動を観察

1波の細部構造を見るためには、時間足を落として観察することです。どのくらい落とすのが良いかはその時の相場にもよりますが、

1波内のsmall5波が確認できるレベルまで落とします。具体的には、2つ程度落とすのがおすすめです。(例4時間1波ならば、15分足あるいは30分足)

細部構造を観察し、5波動をカウントしましょう。

特に注目してほしいのはs-4波動の位置s-5波動の長さです。

 

s-5がほかの推進波と比較して短い場合

この場合は,4波目と5波目までの距離は短く4波目の出現位置は1波目の21.8~31.8%付近になります。浅い押し目で3波目が発生する場合は,5波目が短く4波目までの距離が短い場合に起きやすいです。

s-5が短い例

下の図はNZDJPY4時間足チャートです。

1波確認(「切り下げライン」+重要水平線をブレイク)後に2波の浅い2波目が出現し

上昇しています。

下図は、上図の1波目を15分足で詳細観察したものです。

s5波目は最も短く、s4波目までの距離が短いことがわかります。

s4波目の起点まで下がることなく上昇しています。

このように、s4波目までの距離が短い場合は浅い押し目になりやすいです。

S-5がほかの推進波(s-1,s-3)と比較して長い場合

5波の延長がある場合は、4波目との距離が遠くになります。

この場合は深めに押しが入ることが多く4波目の出現位置は1波目の50~61.8%

付近と考えられます。

 

S‐5が延長している例

下の図はEURJPY4時間足チャートです。1波目が出現後、比較的深めに押しが入って上昇しています。

下図は,上図の1波内を15分足で観察したものです。s5波目は、s3波目とほぼ同等の長さであり

s4波目までの距離が距離があります。s4波目まで下落後再上昇しています。

s4波目は1波の50%付近に位置しています。

このように、s5波目の上昇率が高い場合は、s4波目までの距離が長いため押しが深くなることが多いです。

3波エントリー方法

2波目の終了は1波中のsmall4波付近に多いことがわかりました。

実際のエントリー方法については、1波目の確認方法と同じなのです。

3波目のエントリー方法

 ①small4付近で、「切り下げライン」「重要水平線」を引いてまつ

 ②「切り下げライン」「重要水平線」のブレイクを確認する

 ③戻しが入ってきたらエントリー

つまり、3波目のsmall-1を待ち、small-2出現後にエントリーするという考え方です。

これが、1波目の発見方法が最も大事と書いた理由の一つです。

3波目はどこまで伸びるか。利確位置はどうするか。

3波目は、推進波の中で最も伸びやすい波とされていますが、どこまで伸びるかは正直わかりません。

しかし、エリオット波動ガイドラインの中で明記されている事実

「3波目が一番短くなることはない」

ということです。

このことは意外と重要であり、すでに出現している1波目を目安にできます。

異常に大きい場合を除けば、

 最低でも1波と同程度に伸びると考えられます。

また、伸びた場合は1波の161.5%、261.5%とされていますが、これを予測できる人は、いないと思います。この辺は裁量で利確するしかないと思います。

 

そのため

3波目の利確位置としては

 1波延長なし1波と同程度~1波の161.5%、261.5%

 1波延長あり1波の長さより短い可能性あり、早期利確を心がける。

 

まとめ

2波目終了から、3波目のエントリーについて書かせて頂きました。

3波目は教科書的に最も大きく伸びるとされている推進波です。

練習、検証を重ねておいしい3波目をとれるようになりましょう!

最後まで読んでくださり有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました