トレードプラン作成方法:「ピンバー」出現時はどう考える?詳しく解説

基礎・基本編

こんにちは、”tousan-tousi ブログ” を書いている「toshi」 です。

第24回目の処方箋は

トレードプラン作成方法:「ピンバー」出現時はどう考える?詳しく解説 についてです。

 

今回は月足「ローソク足」から立てるトレードプラン第3回目です。

月足に「ピンバー」が出現した場合の、トレードブランの立て方について書いていこうともいます。

 

「ピンバー」が出現した場合の市場心理としては

  売りまたは買い強くなってきたと感じる

方が多いと思います。

これまで順調トレンドに乗っていた方もも、逆ポジションを取る方が多い「ローソク足」です。

今回のブログでは、

上位足に出現した「ピンバー」を利用したトレード方法について書いていこうともいます。

最後まで読んでいただければ幸いです。

「ローソク足」:「ピンバー」とは

「ローソク足」のうち「ひげ」の長いものを「ピンバー」と言います。

これは、以前ブログの復習になるのですが、

ひげは、「ローソク足」の終値高値あるいは安値との間に価格差が出たときに生じます。

つまり、一旦一定方向に動いたが、強く戻された事を意味します。

下の図はローソク足の用語について解説したものです。

上ひげが長い「ピンバー」は

いったん買われたが強く売りこまれた

事を意味します。

「ローソク足」の値動きを図で示すと

 

下ひげが長い「ピンバー」

売り込まれたが、強く買い戻された。

事を意味します。

「ローソク足」の値動きを図で示すと

つまり売られたが、一気に買い戻された結果できた「ローソク足」です。買い強い印象がありますよね。この「ローソク足」を見ると買い直したくなる方が多いと思います。

「ピンバー」を確認した場合の市場参加者の心理と次のプライスアクションの予測

「ピンバー」は、終値と安値、高値との間に乖離があるときにできる「ローソク足」です。

言い換えると、逆勢力の存在があるときにできる「ローソク足」とも言えます。

「ピンバー」を確認した際の市場心理としては

上ひげの長い「ピンバー」「売り」が強くなってきた下落するかもしれないな。

下ひげの長い「ピンバー」「買い」が強くなってきた。上昇するかもしれないな。

次からは、ピンバーが月足に出現した場合のトレード方法について書いていきます。

月足に「ピンバー」が出現した場合のエントリー方法

「ピンバー」は、天底に出現すると

    反転のプライスアクション

として認知されることが多い「ローソク足」です。

しかし、

 ピンバー=天底ではない。天底の可能性が高いいう認識でいることが大切です。

ピンバーが出現したらか、「反転する可能性が高いからエントリー!」ではなく、下位足で下落する可能性が高いか判断する必要があります。

「ピンバー」を利用した具体的なエントリー方法は、

 天底の確認 → ピンバーの確認 → 下位足でエントリ-タイミング

3つが揃ったところで初めてエントリーを検討します。

以下から詳しく見ていきます。

 

準備:月足「重要水平線」と「斜めライン」をで天底候補を見つける

月足での天底候補を確認します。

天底候補付近で「ピンバー」が出現した場合は、逆勢力の力が強くなってきたという事実の一つになるため、天底の可能性可能性が高くります。

 

ピンバーを探しましょう

天底候補が確認できたら、天底候補付近で「ピンバー」が出現するか観察しましょう。

天底候補付近で出現した「ピンバー」は信頼性が高く、エントリーチャンスになる可能性が高いです。実際にエントリーする場合は、下位足での反転を確認してエントリー機会を疑います。。

下位足でエントリータイミングを計る。

「ピンバー」が示す方向がわたったから、下位足を確認しましょう。

下位足でも。重要水平線、斜めラインを利用して、天底候補を探し、エントリータイミングを計ります。

実例紹介

上ひげの長い「ピンバー」

EURJPY 月足チャート

下のチャートはEURJPYの月足チャートです。矢印部分に「ピンバー」が出現していることが分かると思います。黒四角部分を日足チャートで確認します。

EURJPY 日足チャート

下のチャートはEURJPY 日足チャートです。月足チャートの黒□部分を拡大しているものになります。日足チャートでは「ピンバー」が出現後に「切り上げライン」ブレイクが2回起こりました。

「切り上げライン」ブレイク2回目から本格的な下落が始まっています。

このように、ピンバー発生後に長期間もみ合うケースもあります。

実例:下ひげの長い「ピンバー」

EURJPY月足チャート

下のチャートは、EURJPY月足チャートです。

茶色矢印部分に「ピンバー」が出現しています。

黒□部分を日足チャートで確認します。

EURJPY日足チャート

下のチャートは、上記の黒□部分を日足チャートで観察したものです。

ピンバー出現後は「切り上げライン」に沿って上昇し、その後は「切り下げライン」ブレイク後

にさらに大きく上昇しました。

下位足でエントリータイミングがはかっていたためエントリータイミングが計れた例

例①

EURJPY 月足チャート

下のチャートは、EURJPY月足チャートです。

黒四角部分にはピンバーが連続しています。

黒□部分について拡大します。

EURJPY 日足チャート

下のチャートは、EURJPY日足チャートです。「ピンバー」が連続している事が分かると思います。

一つ目の「ピンバー」では、下位足で観察すると「斜めライン」が機能出来ず、そのまま下落しましたが、2度目の「ピンバー」では切り上げラインに沿って上昇しています。

例②

EURJPY 月足チャート

下のチャードはEURJPY月足チャートです。矢印部分にピンバーが確認できます。

黒□部分を日足チャートで観察します。

EURJPY 日足チャート

日足チャートでは「ピンバー」が確認できます。

「ピンバー」出現後は「切り上げライン」を引きましたが、ブレイクせず上昇し、「ピンバー」

がだましになりました。

例外①②共に、下位足でエントリータイミングを計ることで、無駄なエントリーが避けれた可能性があります。

まとめ

月足に「ピンバー」が出現した場合のトレードプランについて書きました。

「ピンバー」も「エンゴルフィン」同様に出現したからと言って即エントリ-ではなく、だましを回避するためにも、下位足でエントリ-タイミングを計りましょう。

参考になれば幸いです。最後まで読んでくださり有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました