月足「トラスト」出現時のトレードプラン作成方法を詳しく解説

ローソク足の考え方

こんにちは、”tousan-tousi ブログ” を書いている「toshi」 です。

第22回目の処方箋は

月足「トラスト」出現時のトレードプラン作成方法を詳しく解説 についてです。

皆さんは、トレードプランを立てておられるでしょうか?

トレードプランは、仕事のスケジュールの様なものです。

仕事と違いトレードでは、自分の思い通りに計画を立てる事は困難ですが

市場に方向を決めて貰っていれば、計画が立てられます。

市場の決めた方向は

ソク足」の組み合わせで判断します。

以前のブログでも書きましたが、ローソク足のプライスアクションからは市場の心理が予想できます。

特に、月足、週足「ローソク足」で、市場心理を知るのはトレードで必須と考えています。

 

今回のブログでは、

トレードプランを月足と週足の「ローソク足」確定足から立てる方法について書こうと思います。

 

このブログを読む事で、毎月のトレードプランの立て方週足の確定足からトレードをするかの判断出来る様になると思います。

是非最後まで読んでください。最後まで読んで頂ければ幸いです。

「ローソク足」から次の動きがわかりやすい場合はどんなとき?

これは以前のブログで書いた事と重複しますが、「ローソク足」の組み合わせで考えます。

「トラスト」、「エンゴルフィン」、「ひげ」の長いローソク足(以下ピンバー)は、市場の心理がつかみやすいと考えられます。

これは月足でも同じ事です。

今回は、トラストが月足で出現した場合のトレード方法について、書いていこうと思います。

エンゴルフィン、ピンバーに関しては、次回以降に書きますので良かったら読んでください。

トラストとは

以前のブログをご覧になっている方はご存じと思いますが、「トラスト=thrust」とは、推進力の事です。ある一定方向に進んでいることを意味します。

また、「トラスト」には上昇している「トラストアップ」と下落が続いている「トラストダウン」があります。

 

詳しくは、下のブログを読んで欲しいですが、

「トラスト」を確認した市場心理状態としては、

買い or 売りが強いなと考える方が多いと思います。

「トラスト」の方向にトレードすることは理にかなっていると思います。

「ローソク足」から市場心理とプライスアクションを読もう②(エンゴルフィン編)
「ローソク足」のプライスアクションの一つである「エンゴルフィン」は、重要の反転サインとなります。 ローソク足の動きを理解し、実際のチャートで見つけられるようになりましょう。
「ローソク足」から市場心理とプライスアクションを読もう③(トラスト編)
皆さんは「スラスト」を注意をして観察しているでしょうか、「スラスト」が出現している場合は、「買い」または「売り」が非常に強い状態と言えます。 このブログを読んで、「スラスト」を学び波に逆らわないトレードが実践出来る様なりましょう。
「ローソク足」から市場心理とプライスアクションを読もう①(ピンバー編)
トレードにおいて「ローソク足」の理解は基礎ですが、奥義ともなります。特に、「ローソク足」の「ひげ」は、市場心理や次のプライスアクション(値動き)の予測に非常に重要です。 「ローソク足」の理解が不十分の方、理解を深めたい方は、是非読んでください。

 

月足:「トラスト」出現時の基本方針

トラストの方法に沿ってトレードを考えましょう。

しかし、月足の重要水平線と「切り下げライン」、「切り上げライン」の存在は、確認しておきましょう。強い抵抗線では、大きな反発を受ける可能性があります

反転されるかも?と言う心構えは重要です。

毎週のトレードプラン。

月足が「トラスト」であれば、トレード方向は決まります。

次は、週足のトレード方向を確認しましょう。

その方法は、週足で月足「トラスト」と同じ方向にトレード出来るか確認します。

つまり、

週初めには、週足で「トラスト」、「エンゴルフィン」、「ピンバー」があるか確認しましょう。

月足と週足が同じ方向でトレードが出来そうであれば、実際にトレードができるかさらに小さな足で確認していきます(このことは、次回以降のブログに書こうと思います。)

以下に実際の例を示しながら書いていきます。

週足:「トラスト」「ピンバー」「エンゴルフィン」が形成した場合

週足レベルのトレード方向が、月足と一致した場合は、エントリーを検討します。月足、週足が同じ方向でトレード出来るという事実は、かなり優位性が高いと思います。

以下に実際のチャートを用いて解説します。

例1 月足「トラスト」ー週足「トラスト」例
月足チャート

下のチャードは、AUDJPY月足チャートです。

矢印部分で、トラストアップが出現しています。

日足チャート(+月足のローソク足)

下のチャートは、日足チャートに月足のローソクを提示しています。

茶色の矢印でトラストアップが出ていることが分かります。

紫の□部分を4時間足チャートで観察してみます。

4時間足チャート(+週足、月足のローソク足)

下は4時間足チャートです。

4時間足チャートに月足ローソク足と、週足ローソク足を示しています。

週足では、週の初めからトラストアップが連続している事が分かります。

トラストアップにが継続している限り買いエントリーを検討する方が良いと思います。

上記以外のローソク足が出現した場合

上記以外のローソク足が出現した場合は、

 反転もしくは先月足を底値としたレンジの可能性があります。

これは、月足の重要水平線斜めライン付近起きやすいため、あらかじめ確認しておくことが重要です。

トレード出来る展開にならなければ、トレードをせず見送る選択も重要と思います。

以下に例を出します。

月足チャート

下のチャートはAUDJPY 月足チャートです。

茶色矢印部分ではトラストダウンが確認できます。しかし、月足重要水平線近いことが分かります。

日足チャート(+月足ローソク足)

下のチャートは、AUDJPY 日足チャートに月足ローソク足を提示しています。

茶色矢印部分トラストダウンが確認できます。

しかし、この付近には、週足重要水平線と、月足重要水平線の存在もあり、反転の可能性も考えておくべきです。

紫□付近を拡大します。

 

4時間足チャート(+月足、週足のローソク足)

下のチャートはAUDJPY 4時間足チャートに月足ローソク足と週足ローソク足を提示しています。

週足では、第1週目に陽線が出現、2週目に売りのエンゴルフィンが出現しています。

トレードする機会は、第三週ですが大きな利幅がとれず第4週目に大きく戻されており

月足は、コマ足に近いピンバーとなりました。

このように、月足の重要水平線付近では、大きく戻される可能性があり注意が必要です。

 

まとめ

今回は月足で「トラスト」が出現した場合のトレードプランについて書きました。

トレードは上位の足の流れに沿って行うことが一番リスクが低く、優位性が高いトレードが出来ると思います。

 

以上参考になれば幸いです。最後まで読んでくださり有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました