月足「エンゴルフィン」出現時のトレードプラン作成方法を詳しく解説

ローソク足の考え方

こんにちは、”tousan-tousi ブログ” を書いている「toshi」 です。

第23回目の処方箋は

月足「エンゴルフィン」出現時のトレードプラン作成方法を詳しく解説 についてです。

月足「ローソク足」から立てるトレードプラン第二回目です。

今回は月足に「エンゴルフィン」が出現した場合トレードプランの立て方について書いていこうともいます。

以前のブログにも書きましたが、

「エンゴルフィン」を確認したときの市場心理は

       反転の可能が高い

と判断する方が多いです。

この「ローソク足」パターンを上手くトレードに利用しましょう。

エンゴルフィンを知ることでトレードは劇的に改善すると思います。

最後まで読んでいただければ幸いです。

エンゴルフィンとは

「エンゴルフィン:Engulfing」とは英語で「飲み込む」という意味です。

前述したように2つのローソクの組み合わせででき、

前回のローソク足を「飲み込む」ものを「エンゴルフィン」と呼びます。

「エンゴルフィン」には

買いの「エンゴルフィン」(下左図)売りの「エンゴルフィン」(下右図)があります。

上の図は、以前のブログにも書いたものです。

チャートを見ると、買いのエンゴルフィンでは、1本前の陰線の高値、安値を陽線が更新しおり、安値、高値を更新していることが分かります。

 

また、売りのエンゴルフィンでは1本前の陽線の安値、高値を陰線が更新しており、

いずれもトレンド転換している事が分かると思います。

つまり、「エンゴルフィン」がトレンドの反転を示しているします。

 

次からは、エンゴルフィンを利用したトレードプランの立て方について書いていきます。

「ローソク足」から市場心理とプライスアクションを読もう②(エンゴルフィン編)
「ローソク足」のプライスアクションの一つである「エンゴルフィン」は、重要の反転サインとなります。 ローソク足の動きを理解し、実際のチャートで見つけられるようになりましょう。

月足「エンゴルフィン」からトレードプランを立てる方法

「エンゴルフィン」を確認前に:月足での天底を確認しましょう。

「エンゴルフィン」は天底で発生しやすい「ローソク足」のパターンです。

まずは、天底候補を月足で探しましょう。

天底候補で「エンゴルフィン」が出現していれば、本当の天底になる可能性が高くなります。

天底の確認方法は、重要水平線と斜めラインで確認します。

これは以前のブログに書きましたので、良かったら併せて読んでください。

マーケットの基本:重要水平線を理解し、高安の判断基準を学ぼう
皆さんは、価格の高安をどう判断されているでしょうか?重要水平線を理解することで高値圏、安値圏が視覚化できます。詳しく書いていきますので、最後までご覧になっていただければ幸いです。

天底候補が確認できたら「エンゴルフィン」を見つけよう

重複しますが、天底候補で、「エンゴルフィン」が出現した場合はトレンド転換の可能性があります。ここで重要なのは、

「エンゴルフィン」を見たらすぐ売買を考えるのではなく、

   売買の準備、検討する  と言う心構えが大事です。

 

詳しくはこの後、事例を元に書いていこうと思いますが。「エンゴルフィン」出現後に

かなり時間を掛けて動く例も多いです。

このことは、非常に重要なので、しっかり覚えておいた方が良いと思います。

心構え=エントリーではないのです。

エントリー準備:日足レベルで斜めライン、重要水平線を引き売買の準備をしましょう

月足で「エンゴルフィン」が出現がした場合は、下位足でエントリー準備をします。

やり方はこれまで同様に「エンゴルフィン」が示すトレード方向へのエントリーを

下位足の「斜めライン」「重要水平線」でタイミングを計ります。

もちろん、「エンゴルフィン」に沿ったトレードが主であり、なれてくれば

売買タイミングまでは逆のトレードをしてもかまわないですが、基本的には「エンゴルフィン」の示す方向にトレードしましょう。

重要水平線・斜めラインを利用した変法!「三角を待て」ついて詳しく解説
斜めライン、重要水平線を利用したトレードでは三角保ち合いが頻回に形成されます。 特に斜めラインをブレイク後にできる三角保ち合いをうまく利用することで、大きな利益を見込めます。
「戻り売り」:水平線、斜めラインの利用。売る根拠を固めて勝率UP
「戻り売り」を難しいと感じられている方は多いと思います。 このブログでは、複雑にインジケータを利用せず、値動き、ライン等を利用しています。 簡潔で根拠あるトレード方法について解説していますので、苦手の方、上手く言っていない方に参考になると思います。
「押し目買い」:水平線、斜めラインの利用で、底値を意識したトレードをしよう
トレードをされている方で「押し目買い」を狙ってトレードしていない方はいないと思います。なかなか上手く行かない方も多いと思います。 今回のブログでは「押し目買い」が何故難しいのかに触れながら、詳しく解説していきます。

月足「エンゴルフィン」例

月足「買い」のエンゴルフィン例

下のチャートはUSDJPYの月足チャートです。矢印部分にエンゴルフィンが確認できると思います。

青四角部分について日足チャートで確認します。

下のチャートはUSDJPYの日足チャートです。

月足でエンゴルフィンが出現後、切り上げ来院で上昇し、その後は重要水平線で再上昇しています。

買いのエンゴルフィン例では、優位性が高いのは、ロングポジションですが、

トレードポイントまでの売りを検討しても良いと思います。

月足「売り」のエンゴルフィン例

下のチャートは月足USDJPYの月足チャートです。

矢印部分に売りのエンゴルフィンが出現しています。

黒四角部分について、日足チャートで拡大して見てみましょう。

下のチャートはUSDJPY 日足チャートです。

エンゴルフィン出現後は、エンゴルフィンを形成した月足陰線から、日足重要水平線で反発し、徐々に下落しています。斜めラインでエントリータイミングを計ります。

売りのエンゴルフィン例では、優位性が高いのは、ショートポジションですが、

トレードポイントまでの「買い」を検討しても良いと思います。

まとめ

今回は、月足に「エンゴルフィン」が出現した場合のトレードプランについて書きました。

エンゴルフィンはローソク足単体でも反転を示しています。下位足に落として観察し

トレードチャンスを待ちましょう。

注目して観察することで、トレードはかなり楽になると思います。

参考になれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました