「ローソク足」から市場心理とプライスアクションを読もう③(トラスト編)

パチンコデータの見方

こんにちは、「Dr tousan-tousi ブログ」を書いている「toshi」 です。

第13回目のテーマは

最重要です。「ローソク足」から市場心理とプライスアクションを読もう③ です。

 

「ローソク足」のプライスアクションの第3回目は「トラスト」についてです。

「トラスト」も「ローソク足」2本で形成されるプライスアクションです。

 

「トラスト」を見た市場心理状態

上昇が強いな、まだまだ上がるな

下降が強いな、まだ下がりそう

 

と言う心理状態になりやすいです。

特に月足、週足等の上位足の「トラスト」が出現している場合、逆にエントリ-することは、自殺願望が強いと言っても過言はないです。

 

「トラスト」を学ぶことで、自滅や無謀なトレードを行わない済むようになると思います。

最後まで読んで頂ければ幸いです。

「トラスト」とは

「トラスト=thrust」とは、推進力の事です。ある一定方向に進んでいることを意味します。

また、「トラスト」には上昇している「トラストアップ」と下落が続いている「トラストダウン」があります。

「トラストアップ」とは

上昇する推進力が強い「ローソク足」の組み合わせです。

具体的には、下記のように2本の「ローソク足」が続いているものを言います。

チャード上では、小さな押しはあるものの、「買い」が非常に強い事が分かります。

従って、

 「トラストアップ」が続いているときの売りエントリーの勝率は非常に低いと考えられます

   買いエントリ-の仕掛けどころを探しましょう

「トラストダウン」とは

下降する推進力が強い「ローソク足」の組み合わせです

具体的には下記のように2本の「ローソク足」が続いているものです。

チャード上では、多少の戻しはあるものの売りが強い事が分かります。

従って

「トラストダウン」が出現している時の買いエントリーは非常に勝率が低いと考えます。

売りエントリーの仕掛けどころを探しましょう。

このように「トラスト」は強い「売り」または「買い」の結果出現した「ローソク足」の

結果のため、「トラスト」と逆方向へのエントリーは行わない方が無難と思います。

実際のチャートを用いて説明します。

「トラストアップ」の例

下のチャートは

GBPJPYの月足チャートに重要水平線「tough zone」を引いてあります。

月足「tough zone」から上昇し、矢印部分に「トラストアップ」が確認できます。

 

下の図は、上記と同じ場所を日足チャートで表示しています。

日足チャートには月足の「ローソク足」を表示しています。

黄色枠部分に「トラストアップ」が観察されています。その後も上昇を続けていることが確認できると思います。

「スラストダウン」の例

下の図は上記と同様GBPJPYの月足チャートです。

月足「tough zone」から下落しており、矢印部分に「トラストダウン」が観察されます。

 

下の図は、日足チャートで上記と同じ部分を観察しております。

日足チャートには月足ローソク足を表示しています。

黄色枠部分に「トラストダウン」が確認できます。

その後も、日足の「tough zone」から大きく下落してることが分かると思います。

 

このように、「トラスト」が出現した後は、大きく価格が動く可能性が高く、特に上位足チャート(月足、週足)の「トラスト」には注意を払いましょう。

まとめ

今回は。プライスアクションの一つの「トラスト」について解説しました。

「トラスト」に逆らうトレードに行わず

波に乗るトレードを心掛ければ、大きな利益が獲得できると思います。

今回のブログが参考になれば幸いです。

 

その他の重要な「ローソク足」のプライスアクションについてはこちら→

「切り下げライン」:下降トレンドが丸わかり!市場心理の活用で勝率UP
このブログでは、「切り下げライン」の利用方法について解説しています。重要水平線と「ローソク足」から市場心理を知ることで 「切り下げライン」の本来の使い方が見えてきます。
「ローソク足」から市場心理とプライスアクションを読もう①(ピンバー編)
トレードにおいて「ローソク足」の理解は基礎ですが、奥義ともなります。特に、「ローソク足」の「ひげ」は、市場心理や次のプライスアクション(値動き)の予測に非常に重要です。 「ローソク足」の理解が不十分の方、理解を深めたい方は、是非読んでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました